無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?

はじめに…私の背中ニキビはこれで良くなりました↓
背中ニキビに【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?

女性の化粧品に対する安全意識の高まりから、最近では無添加の化粧品に注目が集まっています。

 

しかし、一口に「無添加」といっても、そこには落とし穴がある場合も。

 

例えば合成香料が無添加だったとしても合成着色料は使っている、といったケースが存在します。
そんな場合でも「無添加化粧品」を名乗ることができるのですから気をつけなければいけませんね。

 

ジュエルレインも無添加にこだわっているとのことですが、その内容について今回は詳しく見ていきましょう。

 

 

↓ジュエルレインの全成分についてはこちらの記事でざっくりと説明しています

 

 

ジュエルレイン6つの無添加

ジュエルレインは敏感肌の人でも使えるよう、「6つの無添加」となっています。

 

ジュエルレイン6つの無添加

  • パラベン →シリコン
  • アルコール
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • 合成香料
  • 合成着色料

 

 

ジュエルレインはシリコン無添加

ジュエルレインの公式サイトを見ると「パラベン無添加」とありますが、公式サイトの記載ミスですのでご注意ください。

 

無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?

 

 

 

※これについては公式サイトに確認しました。
以下回答↓
無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?

 

 

全成分を見ると「パラオキシ安息香酸エステル」と記載があり、これはパラベンの別名です。
ただ、パラベンを使っているといっても全く問題ないので安心してくださいね。

 

パラベンは化粧品の防腐剤でよく使われている成分ですが、最近では「パラベンは肌に良くない!」ということでノンパラベンでアピールする商品が増えてきました。

 

しかしパラベンを使っていないとしても、そんな商品にはフェノキシタノールとか他の防腐剤がしっかり含まれているはずです。
化粧品も雑菌が入れば腐ってしまうものなので、品質保持のためには必ず何かしらの防腐剤は必要なんですね。

 

 

むしろ最近出てきた防腐剤が信用できず、化粧品の成分に詳しい女性であえてパラベンを使った商品を選ぶという方もいらっしゃいます。

 

ジュエルレインはパラベンを使っているとしてもほんのわずかな量なので、ほとんど肌への刺激にはなりません。
そもそも法律的に、防腐剤を含められる量って安全な範囲で決まっているので、心配することはありませんよ。

 

 

ジュエルレインはアルコール無添加!

アルコールの入った化粧品は意外に多いですが、実は肌にとって1つもいいことがありません。

 

 

そもそもアルコールはさっぱりとした使用感を得るために配合されていますが、それはアルコールが蒸発しやすい性質を持っているからです。

 

「ベタベタせずにすぐ浸透する」といった錯覚を与えますが、実は蒸発しているだけと言う話。

 

しかも蒸発するときに肌の水分まで持っていってしまうので、逆に乾燥を引き起こす可能性もあります。

 

 

そんなわけで散々な言われようのアルコールですが…ジュエルレインには入っていません。安心して使うことができると思います。

 

 

鉱物油も無添加

鉱物油とは石油からとられた油分のこと。ワセリンが代表的ですね。

 

ワセリンが肌に悪いかというとそんなことはなく、単純にこれは「石油=科学」というイメージからくるものです。

 

特に鉱物油は悪者ではないと思いますし、使わないことによるデメリットも特にないので…あまりここは気にする必要はありません。

 

 

石油系界面活性剤は?

界面活性剤と聞くと、無条件で肌に悪いものというイメージがあるかもしれません。

 

しかしこれはちょっと違っています。

 

界面活性剤にもいろいろな種類があり、植物性の脂肪を原料としたもの、動物性の脂肪を原料としたもの、そして石油を原料としたものがあります。

 

このうち、石油系界面活性剤の一部が肌にとって良くないと言われています。
いわゆる家庭用洗剤とか工業用洗剤に用いられる、洗浄力の強いものですね。

 

これらは、肌のバリア機能を壊してしまいます。具体的に言うと、肌に必要な皮脂や細胞間脂質をすっかり洗い流してしまい、肌の乾燥を招くということです。

 

しかしそれ以外の界面活性剤についてはそこまでの洗浄力がないので危険性はありません。
むしろ脂肪酸由来の界面活性剤は肌にとって有益な場合も多く、美容成分の浸透を助けたり、セラミドが流出すのを防ぐような使い方もあります。

 

ジュエルレインにはいくつかの界面活性剤が使われていますが、どれも植物性のもの。

 

そして配合する目的としては、保湿成分や美容成分を角質層の奥まで浸透させるために添加されています。

 

無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?

 

合成香料、合成着色料が無添加

最近の化粧品は合成香料、合成着色料の無添加はもはや当たり前になってきましたね。

 

これらは美肌にとって役立つものではないので、できれば無添加でいて欲しいですね。

 

ちなみにジュエルレインですが、合成香料ではなく天然の香料は使用しています。

 

無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?

 

ブルガリア産のバラの花からとられたダマスクローズオイル。
ゼラニウムのようなフローラルの香りで、好きな人にとってはリラックス効果があるでしょう。

 

 

まとめ

ジュエルレインの無添加成分について理解は深まったでしょうか?

 

無添加化粧品であっても、肌との相性が悪ければ肌トラブルになる可能性があります。

 

ここは使ってみないとわからないので、情報を信じすぎず、自分の肌の声を聞きながらスキンケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

ジュエルレイン口コミ効果

 

↓私の背中ニキビはこれで良くなりました!
背中ニキビに【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

関連ページ

【全成分記載あり】ジュエルレインの成分が背中ニキビにいい理由
ジュエルレインの全成分。背中ニキビに効く成分とは何なのか?ジュエルレインの効果の理由を紐解いてみます。
保湿力が高いジュエルレインの保湿成分を分析してみた!
ジュエルレインは保湿力が高いと評判です。その秘密は保湿成分にありました!この記事ではジュエルレインが肌に潤いをあたえる成分について調べています。
ジュエルレインに含まれている天然成分まとめ
ジュエルレインに含まれている天然由来の成分やエキスについて調査しました。肌に優しいイメージのある天然成分ですが、ジュエルレインにはどの程度含まれているのか?お伝えしています。
ジュエルレインは危険!?含まれている防腐剤や化学成分まとめ
ジュエルレインは危険なのか!?化粧品には必ず入っている防腐剤や保存料。ジュエルレインにどの程度入っているのか調べました。安心して背中ケアを行うためにも是非ご覧ください。
ジュエルレインは妊娠中に使っても問題ない?お腹に張りを感じたら
ジュエルレインは妊娠中でも使って大丈夫なんでしょうか?妊娠するとホルモンの分泌が変わるのでニキビができやすいですよね。お腹の赤ちゃんに影響がないかどうかをこちらで確認してからジュエルレインを使いましょう。