ジュエルレインは危険!?含まれている防腐剤や化学成分まとめ

はじめに…私の背中ニキビはこれで良くなりました↓
背中ニキビに【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

ジュエルレインは危険!?含まれている防腐剤や化学成分まとめ

化粧品の成分はできるだけ肌に優しいものを使いたいですよね。

 

一般的に防腐剤や化学成分は肌への刺激になって良くない、というイメージがありますが、ジュエルレインの場合はどうなんでしょうか?

 

 

ジュエルレインの全成分については別の記事でざっくりと説明しましたが、

 

 

この記事ではジュエルレインに含まれている防腐剤、化学成分についてお伝えします。

 

 

ジュエルレインの成分に危険性はない

まず結論から言っておきますが、ジュエルレインの成分に危険性はありません。

 

ジュエルレインは医薬部外品ですが、成分について国の基準をクリアして認定されている化粧品なので、特別な危険はないと考えて大丈夫です。

 

ジュエルレインの成分を見てみて長い横文字があったりすると不安になる気持ちはわかりますが、どれも危険のない、化粧品に定番の成分ばかりを使っているので安心してくださいね。

 

天然成分の方が危険?

アレルギーや肌の相性については気にすべきです。どんな化粧品も、使い始めは慎重になった方が良いということですね。

 

人それぞれ肌の特性があるのですべての人にとってトラブルが起こらない化粧品はなく、これは使ってみなければ分かりません。

 

天然成分メインのオーガニック化粧品が近年注目されていますが、実は天然成分こそアレルギーの可能性が高い成分でもあります。

 

肌に優しいイメージがありますが、実は地球に優しいという話。人間の肌にとっても優しいとは限らないのです。

 

※もちろん天然成分は基本的には保湿効果や美肌効果が高いとされていて、ジュエルレインにも多くの天然成分が含まれています。

 

その点、化学合成された成分は人工のものであるというだけで、化粧品に使われている化学成分は肌に刺激の少なく、アレルギーの危険もない成分になります。

 

 

ジュエルレインに含まれている防腐剤

ジュエルレインで使っている防腐剤

  • フェノキシエタノール
  • パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)

 

この2つは化粧品に用いられる定番の防腐剤です。
高い濃度で大量に肌につければ刺激にもなりますが、化粧品に含まれる量はごくわずかですので危険性はありません。

 

防腐剤は無添加にできないの?

よく「この化粧品はパラベンが無添加です」と言う文言を見かけますが、パラベンを使っていないというだけで他の防腐剤は使っているわけです。

 

化粧品に防腐剤を一切入れないと言うのは不可能で、何故かと言うと化粧品も食品と同じく腐ってしまうからです。

 

オーガニック化粧品のような天然成分がメインとなっている商品であれば、なおさら腐りやすいので多くの防腐剤が必要になってきます。

 

化粧品を安全に使うためにも、品質保持の観点で防腐剤は必ず必要なんですね。

 

 

浸透性を高める成分

  • ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)
  • ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)
  • ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

 

上記の3つの成分は、いわゆる界面活性剤になります。

 

界面活性剤と聞くと、どうしても台所用洗剤のような毒性のある成分を思い浮かべてしまうと思います。

 

しかし界面活性剤にもいろいろな種類があり、石油由来のものから脂肪酸由来のものまで存在します。

 

ジュエルレインで使っているこれらの界面活性剤は、どれも植物性脂肪酸から作られた刺激の少ない安全なもの。毒性は極めて低いので安心です。

 

なぜ界面活性剤が必要なの?

ジュエルレインにどうして界面活性剤を入れているかというと、一言で言えば浸透性を高めるためです。

 

界面活性剤には水と油の境目をなくし、両者を混ざりやすくする特性があります。

 

皮膚には細胞間脂質や皮脂といった油分のバリア機能が働いているため、普通に化粧品を塗っても弾かれてなかなか浸透していかないのです。

 

そこで界面活性剤を美容成分と一緒に配合することで、角質層の奥まで成分を浸透しやすくする効果が期待できるのです。

 

ジュエルレインは危険!?含まれている防腐剤や化学成分まとめ

 

ジュエルレインは浸透力を高めることに重きを置いていますが、それというのも背中の皮膚は顔の7倍も分厚くできていて美容成分を取り込みにくいからです。

 

さらに、ニキビ跡の肌はかさぶたのように硬くなっていることが多く、角質層も乾燥して通常より分厚くなっていることが考えられます。

 

ニキビ肌の改善に効果的にアプローチするためには美容成分を多く含めるだけでなく、浸透性の高さが必要不可欠なんですね。

 

 

使用感調整のための成分

  • (エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液
  • ジプロピレングリコール
  • 1,3-ブチレングリコール
  • 1,2-ペンタンジオール
  • アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
  • カルボキシビニルポリマー
  • 水酸化カリウム

 

 

これらはすべて粘り気のある成分で、化粧品を肌に密着しやすくする増粘剤としての効果を目的として配合されています。

 

また、それぞれが抗菌作用を持っているので、全体として防腐剤の量を減らせるというメリットもあります。

 

 

まとめ

ジュエルレインに含まれている化学成分について疑問は解決したでしょうか?

 

最初にお話しした通り、ジュエルレインには特に危険な成分が含まれていません。どれも多くの化粧品で用いられている定番の成分です。

 

ただ、定番の成分を使いつつも高い浸透性を持たせたり美容成分を多くすることで、差別化を図っています。

 

背中ニキビに悩んでいてジュエルレインの購入に迷っている場合は、公式サイトの定期購入であれば初回が2,490円と安く始められます。
気になる方はジュエルレイン公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

ジュエルレイン口コミ効果

↓私の背中ニキビはこれで良くなりました!
背中ニキビに【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

関連ページ

【全成分記載あり】ジュエルレインの成分が背中ニキビにいい理由
ジュエルレインの全成分。背中ニキビに効く成分とは何なのか?ジュエルレインの効果の理由を紐解いてみます。
保湿力が高いジュエルレインの保湿成分を分析してみた!
ジュエルレインは保湿力が高いと評判です。その秘密は保湿成分にありました!この記事ではジュエルレインが肌に潤いをあたえる成分について調べています。
ジュエルレインに含まれている天然成分まとめ
ジュエルレインに含まれている天然由来の成分やエキスについて調査しました。肌に優しいイメージのある天然成分ですが、ジュエルレインにはどの程度含まれているのか?お伝えしています。
無添加といっても安心できない!ジュエルレインは大丈夫?
無添加化粧品は世の中にとても多いですが、無添加をうたっていても肌によくない成分を使ってしまっている場合があります。ジュエルレインは大丈夫?安心して使うための情報が書かれています。
ジュエルレインは妊娠中に使っても問題ない?お腹に張りを感じたら
ジュエルレインは妊娠中でも使って大丈夫なんでしょうか?妊娠するとホルモンの分泌が変わるのでニキビができやすいですよね。お腹の赤ちゃんに影響がないかどうかをこちらで確認してからジュエルレインを使いましょう。